痛い思いをしないように蜂の巣を駆除しよう

イタチによる被害と対策

鼬

習性について

イタチはキツネに似た動物で、見た目は可愛らしいですが性格は凶暴で、時に人に害を与えてしまう動物でもあります。イタチの習性として、家の屋根裏や床下などの暗いところに巣を作ってしまうというものがあります。そのため、気づかないうちにイタチが家に住み着いていて、食物を荒らしたり糞尿被害を被ったりするケースが相次いでいるのです。また夜行性で木登りが得意なため、人間が寝た後に屋根裏や軒下を走り回り、騒音被害などをもたらすこともあります。イタチの中でもチョウセンイタチという種類が被害の大半を作り出しており、とくに大阪や京都などの関西に頻繁に現れます。人間の生活を守るため、イタチを見かけた場合には速やかにイタチ駆除を行う必要があります。

有効な対策とは

イタチ駆除のための有効な対策の一つが、捕獲器などの罠を使い捕獲する方法です。ホームセンターなどでお手軽な値段で売っているので、誰でも購入することが出来ます。イタチが頻繁に通る場所に捕獲器を設置し、から揚げや果実などの餌を置いて待ちます。餌につられたイタチが自然によってきて餌に食いつき、罠にかかって捕獲することが出来ます。また、イタチや夜に活動するという習性の通り、光に弱い動物です。屋根裏などで見つけた場合には、強い光を当てると光に驚いて反応し、逃げ出すことがあります。強い光を出すライトや、イルミネーションなどを飾っておくと、有効なイタチ対策になります。また、イタチ駆除用の忌避剤なども有効です。様々な道具を使ってイタチ駆除を行い、快適な生活を取り戻しましょう。